サイトマップ

新着情報

◆2016/01/27
ピルで避妊する女性に対する誤解の情報を更新しました。
◆2015/12/28
長期ピル服用にて肝臓に負担が生じる場合もあるの情報を更新しました。
◆2015/11/10
ピル服用で婦人科に定期受診の情報を更新しました。
◆2015/11/10
ピルで婦人科系の病気を予防の情報を更新しました。
◆2015/11/10
ピルを飲み忘れた際の不安による対処の情報を更新しました。
女子会の話題は絶えることがない 今風の女子の洋服がずらりと並べられている 仲の良い女子二人が仲良く写真を撮る

長期ピル服用にて肝臓に負担が生じる場合もある

Pocket
[`choix` not found]
email this

低用量ピルは様々な効果があるので、魅力に感じている方は多いはずなんですが、そんなピルにもデメリットはあります。

まず毎日薬を飲まなければなりませんから、長期服用となると肝臓に負担をかけてしまうことになります。

ピルに限らず、解熱鎮痛剤や抗生物質などの薬も肝臓に負担がかかります。

薬物性肝障害になってしまうというデメリットを挙げる事ができるのですが、自覚症状がないので気付かないというのが大きな問題ですので、ピルを継続している方、通販でピルを購入して飲んでいる方には、半年に1回程度の検診をオススメします。

肝臓の検査は血液検査

薬などを長期服用する場合は必ず医師の診断を行うようにしましょう

薬の長期服用で薬物性肝障害になってしまう方は、薬に対する知識がないまま、通販で購入して飲み続けているというようなケースもあるのですが、自己責任だからといって検診をしないというのは良くありません。

通販でピルを購入して飲んでいるという事を医師に伝え、検査を受ける事をオススメします。
血液検査となりますが、費用は2,000円~3,000円ぐらいが目安となっています。

病院はお金がかかるので、病気にならない限りはいきたくないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、薬を長期服用する場合は定期的に検査する事が重要ですので、面倒臭がらずにしっかりと病院へ行って下さい。

Pocket
[`choix` not found]
email this